国民健康保険の資格喪失届

もうチェックはお済みですか?    引越し

引越しが決まったら国民健康保険の資格喪失届も提出しないといけません

国民健康保険(以後、国保)に加入している人が、他の市区町村に引っ越す場合は必ず国民健康保険の資格喪失届を提出しなければなりません。

国保では「加入するときもやめるときも事由が発生した日から14日以内に届出を提出すること」というのが決められています。

このため、転出届をだして住所を変更するときには一緒に届出を提出しなければならないということになります。

別に引越してからでも変更の手続きは可能なのですが、届けを提出するのが旧住所(引っ越す前の住所)ということになっており、わざわざ前の住所の役所に戻って手続きをするのも大変です。

ですから、転出届と一緒に手続きを行えば1回で済むので、効率がいいといえるでしょう。

手続きに必要なものは印鑑 (認印で充分です) 、 国民健康保険証 の2点だけです。

国民健康保険の資格喪失届の手続き

手続きの概要は以下のとおりになります。

・届出を提出するところ ・・・ 旧住所(引っ越す前の住所)の市町村役所

・届出人 ・・・ 世帯主

・届出期間 ・・・ 引越しをしてから14日以内

・必要なもの ・・・ 印鑑、国民健康保険証

市民課・保険医療課などの窓口(自治体により名称はいろいろあります。)に行って、住所が変わる旨を伝え国民健康保険の資格喪失届を提出します。

同じ市町村区内に引っ越す場合

同じ市町村区内に引っ越す場合はどうすればいいのでしょうか。

この場合、転居届とともに国民健康保険の住所変更を行います。転居届は引っ越した後の手続きとなります。

ですから、国保の住所変更も引越しを行った後でよいということになります。

実際には、市町村役所に転居届を提出する際に一緒に保険証と印鑑を持参し、転居届の手続き後に保険課などに回って住所変更の手続きを行うだけなので1度で済んでしまいます。

引っ越した後の加入手続きはできるだけ早く行いましょう

ここまでは引越しを行う前にする手続きですが、注意が必要なのは新住所で加入手続きを行う場合です。

加入手続きの期限も引越しをしてから14日以内と決められています。

実際、国保の資格喪失届を提出した時点であなたの世帯は無保険の状態になります。

引越しをした後、加入手続きをしないで無保険のまま時間が過ぎるとその分の過料を後日請求されることになります。

国保の負担金は税金と同じように扱われるので、無保険の期間が長いほどまとまった金額で請求されるので注意が必要です。

無保険のときに病気になったら?

引越し前に資格喪失届を提出すれば無保険の状態になります。

ではこのときに病院にいかなくてはならなくなった場合はどうしたらよいのでしょう。

この場合、といあえずその場の医療費は実費の負担となり、立て替えが必要となります。

しかし、このときの領収書は必ず大切に保管しておいてください。加入手続きが済んで、請求を行えば保険の負担分が支払われます

喪失届を提出するときには窓口でこういったことも確認しておくのも大切なことです。

引越し

転出届〜引越しするときのわかりやすい手続き解説メニュー