転出届をだす時期

もうチェックはお済みですか?    引越し

転出届をだす時期

転出届は引越しが決まったらなるべく早くに近くの市区町村の役場に出向いて届けをだします。

一般的には引越しをする予定の日から14日前から受け付けてもらえます。

しかし役場によってはそれ以前からも受け付けてもらえるところもありますので、14日より前に届け出を希望する人は最寄の役場に電話をして確認するといいでしょう。

時間がなくてなかなか役場に行けない人は注意しましょう

気をつけたいのは引越しギリギリとか、引越ししてから転出届を出す場合です。

仕事の都合などでなかなか役場に行けない人もいるでしょうが、引越しをした後でも転出届は受理されますので問題はありません

問題は引越しした後に行う転入届です。

転出届を出すと、役場で「転出証明書」が発行され、住民票の記載から抹消されます。

引越しの後、新しい住所のところの役場でこの転出証明書をもって転入届をだすのですが、この転入届の提出期限が引越しから14日以内とされているからです。

14日を過ぎてしまうとその間は住民登録のない、住所不定となります。

期限を過ぎてから転入の手続きを行うと住民税の兼ね合いなどで過料を請求されるケースもありますので注意が必要です。

引越しをしてからバタバタして14日以内に転出届と転入届の両方の届け出を役所にだすのも大変ですし、現住所と新住所が離れていればなおさらです。

できるだけ早い時期に届け出を済ますことをお勧めします。

引越し

転出届〜引越しするときのわかりやすい手続き解説メニュー