転校届〜わかりやすい手続き解説

もうチェックはお済みですか?    引越し

引越しが決まったらお子さんの転校届の手続きをします

引越しが決まったら、お子さんの転校届の手続きをしなければなりません。

転校届の手続きは条件により異なるため、それぞれの手順が必要となります。

特に義務教育ではない、高校の場合は私立、公立を問わず欠員の状況や新たに編入試験を受けなければならないなど、クリアしなければならない項目があります。

ですから、引越しが決まったら早め早めの対応が必要となります。

公立の小・中学校の場合

まず、引越しが決まったら学校の担任の先生にその旨を早めに伝えます。

以下の手順は一般的なもので地域により異なりますので担任の先生からお聞きになってください。

@保護者は通っている小・中学校に転校届を提出します。用紙は学校にあります。その際に印鑑が必要です。

A学校から転校確認書が発行されます。

B最寄の市区町村役所に転校確認書を持参し、転出届の手続きを行います。

C役場から転出証明転出学通知書が交付されます。

D転出学通知書を学校へ提出します。

E最終的に学校から在学証明書教科書給与証明書の発行を受けます。

転入のときには

@引っ越し先の役所に転出証明書在学証明書を持参し、転入の手続きを行います。役場から転入通知書が交付されます。

A転入先の学校に、在学証明書(前に通っていた学校で発行されたもの)と転入学通知書(引っ越し先の役所で発行されたもの)を持参します。

これで転校の手続きは終了となります。

公立高校の場合

高校の教育は義務教育ではないので公立の小・中学校とは少し勝手が違います。

手続きは各都道府県により違いますので、各都道府県の教育委員会に問い合わせをします。

たいていの場合、希望する高校に欠員があることが条件となります。

また、再度編入試験を受けてこれに合格しないと転校することができませんので、注意が必要です。

私立高校の場合

私立の場合は受け入れ先の各都道府県にある私立中学高等学校協会や教育委員会に問い合わせをおこないます。

そこから直接希望する学校に手続きをすることになりますが、こちらも公立と同様に欠員があることが条件となります。

また、同様に編入試験と簡単な面接試験に合格しなければなりません。



引越し

転出届〜引越しするときのわかりやすい手続き解説メニュー