子供の転校手続き〜引越しするときのわかりやすい手続き解説

もうチェックはお済みですか?    引越し

引越しを終えたら子供の転校の手続きをおこないます<公立の小中学校の場合

引越しを終え、新居に入ったら子供の転校の手続きを行います。

これには先に市町村役所(役場)にて転入届を提出する必要があります。転入届の手続きをしてから新しい住民票をすぐに発行してもらいます。

手間をはぶくため、転入届の手続きをしたらすぐに住民票を発行してもらいましょう。

発行してもらった新しい住民票をもって教育委員会にいきます。

教育委員会の住所や電話番号、担当の方の名前などは市町村役所(役場)か、近くの学校などで聞いておくといいでしょう。

教育委員会では入学する学校の指定をうけ、転入学通知書を発行してもらいます。

なお、転入学通知書は市町村役所(役場)で発行してもらえる場合もあります。

事前に問い合わせるか、転入届の手続きをするときに聞いてみるといいでしょう。

学校での手続き

教育委員会で学校の指定、転入学通知書の発行をしてもらったら指定の学校にいきます。

届出人は必ず保護者となります。

必要書類は以前の学校で発行してもらった「在学証明書」「教科書給与証明書」と教育委員会で発行してもらった「転入学通知書」を提出すれば転校の手続きは終了します。

以上、公立の小中学校の例ですが、私立・国立の学校や高校の場合は各都道府県の規定によります。

編入を希望する学校や都道府県の各教育委員会に直接問い合わせをして確認するようにします。

子供の心のケアも忘れずに

大人にとっても新しい場所に引っ越すというのは大変なことです。

ましてや子供にとっては仲のいい友達と別れ、新しい仲間になじんでいかなければいけません。

わたしは2回転校の経験がありますが、始めはなじめなくて肩身の狭い思いをした覚えがあります。

いまでは転校生がなじめずにそのまま「いじめ」の対象になったり、登校拒否をひきおこしたりと子供にとっては大変な経験となります。

親としては子供を最大限見守ってあげることが大切で、引越しの忙しさにかまけて子供の心をないがしろにしないように気をつけたいものです。

引越し

転出届〜引越しするときのわかりやすい手続き解説メニュー