転入届〜引越しするときのわかりやすい手続き解説

もうチェックはお済みですか?    引越し

引越しが終わったら市・区役所で行う手続き

引越しが終わったら市町村役所(場)にて次の手続きを行います。

転入届 ・・・ 新住所に登録を行う届出になります。

国民健康保険 ・・・ 保険証を新たに交付してもらう加入手続きをおこないます。
 
印鑑登録の届出 ・・・ 新たに実印を登録する手続きになります。

ここで注意したいのは、国民年金です。

国民年金は転出するときには特に手続きはありませんが、引越しをして新住所に登録を変更する手続きを行わなければなりません。

期限は引越しをしてから14日以内となっています。

このほかにも、児童手当・老齢年金・乳児医療・老人医療に該当する方は届出を行います。

結婚などで住所がかわる場合には、婚姻届も必要ですが、引越し後の転入届を提出するときに一緒に提出すると手間が省けます。

転入届

引越しを終えたら、14日以内に転入届の手続きをおこないます。届出場所は市町村役所(役場)の市民課などの窓口になります。

手続きは世帯主または本人が手続きを行います。

ここでいう世帯主とは新住所の世帯主であり、例えば子供が独立して1人暮らしをするために転入届を提出する場合は世帯主は1人暮らしをする本人であり、実家の親ではありません。

たとえ親が近くに住んでいても、アパートなどを借りて独立すれば1人暮らしをしている本人があくまでも世帯主となります。

転入届の手続きを行うときには次のものが必要となります。

1、必要書類

旧住所(前の住所)で転出届を提出し発行してもらった「転出証明書」が必要になります。

引越しのどさくさに紛れてしまってどこかにいったということのないよう、貴重品などと一緒に大切に保管してください。

なくすと前の住所の市町村役所(役場)にいって再交付してもらわないとならなくなります。

2、印鑑 (認印で充分です)

付記転入届

住民基本台帳カードを発行してもらっている人は、実際に窓口にいって「転出届」を提出する必要はなく、郵送で対応できます。 ⇒ 転出届を郵送で提出

転出届を郵送で手続きをすることを「付記転出届といい、転出証明書の発行をうけることなく新住所で転入の手続きを行うことができます。

これを「付記転入届」といいます。

この場合、転出届を提出した日から30日以内、既に引っ越している場合には住み始めた日から14日以内に「転入届」の手続きを新住所の市町村役所(役場)の窓口に行って手続きをおこないます。

転出証明書の代わりに「住民基本台帳カード」と印鑑を持っていけば簡単に手続きは終了します。

引越し

転出届〜引越しするときのわかりやすい手続き解説メニュー